今日のひとこと英会話

英会話をマスターしたい人必見!! 1日1フレーズをしっかり覚えて英会話をマスターしよう!

今回は

『night owl』を日本語に訳すと??

について書いていきます!

この『night owl』という表現はイギリスではかなり一般的に使われています。

そんな『night owl』を直訳すると『夜のフクロウ』。

ですがそんな意味で使われているはずがありません!!笑

実は『night owl』とは一般的に

・夜型の人

・夜働く人

のことを表現する時に使われます。

ロンドンのナイトチューブ(深夜営業の地下鉄)のマップにもしっかりフクロウの絵が書いてありますね!

ちなみに朝型の人のことは

『morning person』または『early bird』と表現します!


今回は

『片付ける』は英語で何と言う?

について書いていきます!

この『片付ける』は英語でいくつかの言い方があります。

例えば

put away 

この『put away』は片付けるというよりも、物を仕舞い込むという方が意味合いが強いですね!

他には

clear up

この『clear up』はテーブルの上を片付けるなどという意味合いが強いです。

またイギリスでは

tidy up

をよく使います。

『tidy up』は物を仕舞い込む時にも、テーブルの上を片付ける時にも使えます。

またこれらの使い方としては

put A away

clear A up

tidy A up

のように間にその片付ける物や場所を入れて使います。

『片付ける』

を英語で言う時は是非これらのフレーズを使ってみてください!

今回は

『念のために』を英語で言うには??

について!

みなさんはこの

『念のために』をすぐに英語で言えますか??

分からない人のために早速教えます!

『念のために』を英語にすると

Just in case.

または

To be on the safe side.

と言います。

イギリスではどちらかと言えば後者の

To be on the safe side.

を頻繁に使う気がします。

使い方としては

I always carry an umbrella just to be on the safe side.
念のためにいつも傘を持っている。

Let's catch an earlier train to be on the safe side.
念のために早めの電車に乗ろう!

こんな感じです!


To be on the safe side.

または

Just in case.

を覚えてみてください!

このページのトップヘ